Pocket

報告書

9月15日に、尿を送ってから約3週間。「まも~る」のガンリスク評価「Noah」の結果が簡易郵便で届きました。

検査内容や体験談は別の記事でまとめています。
⇒まも~る がんリスク評価Noah(ノア)の検査体験談や詳細はコチラ

私がやった検査は、がん予防メディカルクラブ「まも~る」のサービスである、がんリスク評価Noah(ノア)というもので、自分の尿で全身のがんリスクが調べられる、というものです。

最近、多くの著名人が30代でステージ4のがんが見つかった、というニュースをよく耳にします。さらに、「健康診断だけでは、がんの早期発見は難しい!?」という話を聞き、30代半ばの私も不安になったので、がん予防メディカルクラブ「まも~る」というサービスに加入して、がんリスク評価を受けてみた、という次第です。

36.12.82.155

今回は、その検査結果について報告していくのですが、正直、「がん保険より、まも~るを優先するべきだ!!」と思いました。
なぜなら、「まも~る」はあくまでリスク評価なので、リスクが高いと分かってからでも、がん保険に加入できてしまうからなんです!!

「まも~る」を利用することで、健康面だけでなく金銭面や精神面でもどれだけリスク回避できるかを解説しつつ、最後に医師のコメント付きの検査結果まで報告していきます!

日本人は○人に1人はがんにかかる

gan21
出典:プリベントメディカル公式サイト

日本人は2人に1人はがんにかかります。
さらに、3人に1人はがんで亡くなります。

家族や友人・知人に、がんで亡くなった方やがんの治療中の方って必ずいますよね。なんとなく、「自分の周りにがんの人多いなー」と感じているのではないでしょうか。

2人に1人はがんにかかるのですから、多いはずですよね。もはや、がんは日本人にとっての国民病、と言えます。

でも、

「俺はまだ若いしがんになんかならないよ!」
「毎年健康診断受けてるから安心だよ。」
「がん保険をしっかりかけているから大丈夫!」

がんに対して、こんな感じに考えている人いませんか?

じつはその考え、けっこう怪しいんですよ・・・

その理由を1つずつ解説していきますね。

20代・30代は安全?

igan
出典:東京都福祉保健局 がんの罹患率

こちらは、年齢別のがんの統計ですが、20代半ばから少しずつ増えてきています。もちろん60代以上に比べれば、ごくわずかですが、自分がそのごくわずかの中に入らないとは言い切れません。

特にここ最近、30代でがんが見つかった有名人のニュースが多いですよね。
小林麻央さんにがんが見つかったのは33歳です。ET-KINGいときんさんは、38歳でステージ4の肺腺がんが見つかりました。他にも、原千晶さん、や「カンニング」の中島忠幸さんらが30代でがんが見つかっています。吉井怜さんは20歳でがんにかかっています。

スポーツ選手は健康、といったイメージがありますが、広島カープの赤松真人選手は34歳で胃がんがみつかりました。

20代・30代でもがんにかからない、健康に気をつけているからがんにかからない、とは言い切れなさそうです。

「まも~る」では、山口もえさんがイメージタレントを勤めていますが、30代の山口もえさん(撮影当時)がイメージタレント、というのは30代でもがんリスク評価をしてほしい、という思いの表れかもしれませんね。

健康診断ではがんはみつからない!?

kenkoushindan
出典:プリベントメディカル公式サイト

見つからないことはないですが、見つけるのはかなり難しいです。

なぜなら、健康診断は生活習慣病の予防を目的とした検査(検診)なんです。だから、がんも含めて病気を見つけるのが目的ではないので、がんを見つけるのはよほどはっきり分からない限り難しい、と言えるのではないでしょうか。

がん検診は?

健康診断とは異なり、特定の病気(がん)があるか否かを早期に発見するためのものであり、早期に治療することを目的とした検査(検診)。
出典:http://ad-preventme.com/?acd=j22rK4bl&scd=4V96MuXO

がん検診は、早期に治療することを目的とした検査なので、がんの早期発見に効果があります。

ただし、デメリットもあります。それは、

・受けにくい

・見つかりにくい

・値段が高い

といったものがあります。

受けにくい

がん検診は、様々な種類があり病院や自治体によってはやっていないがん検診の種類があったり、地方になるとがん検診をやっている場所が少なくてなかなか受けられない場合があります。
また、検査に時間がかかったり、検診の種類によっては、検査を受ける人のカラダに大きな負担をかけてしまうこともあるので、体力的に受けられない人も出てきます。

見つかりにくい

がん検診には、「偽陰性」と「偽陽性」、「過剰診断」といったデメリットもあります。

「偽陰性」:がんを見逃してしまう事

がんが見つけにくい場所にあったり、見つけにくい形をしている場合に発見できないことがあります。もちろん毎年やって回数を重ねていけばがんを発見できるのでしょうが、今は小さながんでも、次回1年後のがん検診ではステージ4になっている危険性もあります。

「偽陽性」:検診でがんの疑いがと判定されて精密検査を行っても、がんが発見されないこと

実はがん検診で「要精密検査」とされても、本当にがんであると判断される可能性はすごく低いのです。胃がん検診では1.24%、最も可能性のある乳がん検診でも3.73%ぐらいです。
なので、「要精密検査」とされた場合は、検査結果が出るまで受診者の方に心理的負担がかかる、というデメリットがあります。

「過剰診断」:生命を脅かさないがんを発見すること

意外なんですが、がん検診でがんが発見されてもそのまま消えてしまったり、生命の危機に関わらないものがあるんです。なので、このようながんは治療する必要がないのですが、このようながんにも、通常のがんと同じような精密検査や治療が行われてしまうことがあります。

そうなると、カラダに余計な負担をかけてしまう恐れがあります。

値段が高い

おそらく「値段が高い」これが一番のデメリットかもしれません。

がん検診にはいろいろあるのですが、その中でもがんの早期発見に一番いいのは、「PET/CT検査を含めた総合的にがん検診」です。しかし、これが高額で一般庶民には正直厳しいお値段です。

kenshinryo
出典:国立がん研究センター 検診費用とお申し込み

表を見てもらうと分かりますが、年一回受けるには高いですよね。
もちろんこの費用は、国民健康保険など公的な保険は使えないので、すべて自己負担になります。

さらに、PET/CT検査は放射線の被ばく量も多くて、本音を言えば、「毎年がん検診で被ばくしたくない」という人も多いことでしょう。もちろん人体に影響が出るほどではない、という明記はありますが、「妊産婦や授乳中の女性」の検査は禁止されています。

がん保険でがん対策は万全!?

こう考えている人多いんですよね。

でも、がん保険に入っていてもがんにかかります。保険があるからお金はなんとかなっても、カラダは当然苦しいです。

がんに対する恐れはあっても、なぜか「がん保険に入っていれば安心安全!」という考えが広がっているのが現状です。

もしステージ3や4のがんが発見された場合は、保険がおりても、健康面や家族に大きな負担をかけてしまいますし、最悪、余命宣告されてしまったら、いくらお金があってもどうしようもありません。

ちなみに、がんの治療費っていくらくらいかというと、下記のようなかんじです。

chiryouhi
出典:保険の教科書

「そこまで高くないんだ。」といった印象を受けますよね。しかし、「5年生存率」という言葉があるように、がんの治療は長期間続きます。
さらに、保険適用外の治療法や薬を使用することになると、治療費はいくらかかるか想像もつきません。

2人に1人はがんにかかる時代なので、がん保険は大切です。

しかし、本当に大切なのは、定期的ながんリスク評価をして、がん検診では見つからないほどの小さながんのリスクを発見することなんです!

ganrisuku
出典:プリベントメディカル公式サイト

がん経験者有名人・早期発見者インタビュー(鳥越慎太郎氏)

まも~る がんリスク評価Noah(ノア)検査結果

イトウイトウ

1ヶ月前に送った検査の結果は届きました?

sabotensaboten

届いたんで、ちょうど開けようとしてたんですよー

イトウイトウ

ドキドキですね~^^

ということで、検査結果を発表します!

「検査結果報告書」と大きく書かれているピンク色の封筒で届きました。

測定結果

sabotensaboten

検査結果は『』でした♪『』が最もがんリスクが低いので一安心です^^

イトウイトウ

でも、「がん細胞代謝リスク」は『』なんですね。これって何か悪いんですか??

sabotensaboten

ん~、医師のコメントがあるので見てみましょう。

リスク評価は『A』から『D』まであり、Aが一番リスクが低く、Dが最もリスクが高いという設定です。インデックスは、それぞれの測定値を基準値にあてはめた数値のようです。

医師のコメント

医師のコメントもあり、そちらに数値の詳細や、注意点などが書かれています。

では、医師のコメントを参考に、それぞれの測定結果について見ていきます。

がん細胞代謝

がん細胞代謝INDEX:70
がん細胞代謝リスク:B

唯一『B』評価だった項目です。

「この評価基準としては、ガン細胞の存在は低いと考えて良いでしょう。」というコメントだったので、とりあえず安心しました^^

ただ、「何かしらの変化が体内で起こり始めている可能性もあります。」とのこと。 健康管理は重要のようですね。

※尿中ポルフィリンとは?
⇒「尿中ポルフィリン」は、ALA(アミノレブリン酸)というアミノ酸が、体内のがん細胞で代謝されるときに出る代謝物です。「尿中ポルフィリン」が多い、ということは、体内にがん細胞がたくさんある可能性がある、ということのようです。

酸化ストレス

酸化ストレスINDEX:27
酸化ストレスリスク:A

細胞DNAの酸化ダメージも低く、体内の酸化ストレスは低め、のようです。
自分としては、「けっこうストレス感じてる生活してるのにな~」、と思っていたのですが、カラダはそれほどストレス感じてなかったみたいです(笑)

総合

総合INDEX:49
総合評価:A

インデックスは、がん細胞代謝と酸化ストレスのインデックスの合計を割った数値のようです。コメントによると、『A』ランクにがん罹患者が含まれる可能性は高くないが、いずれかのインデックスが高い場合は、健康のバランスが崩れている可能性も考えられる、とのこと。

検査結果はこんな感じでした。

イトウイトウ

『B』があっても、そんなに問題なさそうですね~

sabotensaboten

ええ、でも健康管理はしっかりやっていかないといけないですね!

イトウイトウ

酸化ストレスが低いのがうらやましいです~

sabotensaboten

これは自分でも意外でした(笑)

がん細胞代謝」が、がん細胞の量、「酸化リスク」ががんになる可能性、を表しているのかなー、と感じました。

「がん細胞代謝」は、実際に体内にあるがん細胞の量が多いか少ないかわかるわけですから、がんリスク評価とはいえ、かなり信頼できる検査だなーと思います。

評価ランクについて

関係者に聞いた話だと、評価ランクについては、

『A』『B』は大丈夫『C』は要精密検査

そして『D』はほぼ確実にがんがある

といった評価づけのようです。
「まだ、まも~るのサービスが開始されたばかりなので、これからデータが集まると、さらに詳しく評価基準ができるのではないか」、と仰られてました。

また、評価ランクが悪くて相談したい場合には、まも~るのサービスである『健康サポートダイヤル』で、医師や看護師など専門家に24時間無料で相談することができます。また実際に精密検査を受けて納得できない場合には、セカンドオピニオンを各部位1回無料で使えたりもします。

詳しくはまも~る公式サイトをご覧ください。
がん予防メディカルクラブ【まも~る】公式サイトはコチラ

まとめ

以上で、sabotenのまも~るがんリスク評価Noah(ノア)の体験談は終了です。
医療系の仕事だし、普段から患者さんにも「健康に注意しましょうね」とか、話している立場だったので、「もし検査結果が悪かったらどうしよう・・・」と、検査結果を見るまではかなり不安でした。

幸いにも結果は、
『がん細胞代謝がB評価、酸化ストレスがA評価。総合A評価』
ということで、当面がんの心配はなさそうです。

がんの心配がない』という安心感は、そう得られるものではありません。来年以降も引き続き、検査をしていきます。

まも~るの上手な使い方

まも~るのがんリスク評価ですが、若い人ほど使うべき、です。

なぜなら、がんを早期発見するには、男性なら22万円、女性なら25万円という高額なお金を支払ってPET/CT検査を含む総合的ながん検診を毎年定期的にうけること、これが最も効果的です。

しかし、毎年20万円以上の費用、そして、PET/CT検査の被爆、これが何より大きなリスクになってしまいます。

その解決策として、役立つのが「まも~るのがんリスク評価」です。

がんリスク評価であれば、ALAを飲み、自宅で尿をとるだけ、たったこれだけで、全身のがんリスク評価ができます。しかも月3,480円からと、一般的ながん検診に比べるとかなり安く行えます。

がんリスク評価を行い、もし結果が『C』『D』と悪かった場合、改めて医療機関で精密検査を受ける。

これが、金銭的にも肉体的にも、最も負担の少ないがん対策ではないか、と思います。

さらに、まも~るのがんリスク評価は、あくまでがんのリスク評価なので、がんと断定されたわけではありません。なので、検査結果が出てから、がん保険に加入する、ということも可能なのです。

これってすごい節約になりますよね。

総合的ながん検診にかかる、費用・時間・被爆

がん特約などの保険料

これらにかかる時間やお金を、その他のことに使えたら、より人生を楽しむことができるのではないでしょうか。

一般的に「人生は3万日」と言われています。その大切な1日を、がん検診で毎年つぶしてしまうのはもったいないですよね。

また、どんなにお金や資産があっても、ステージの高いがんが見つかってしまうと、お金はもちろん、健康や時間といったお金では代えられない資産もあっという間に失うことになります。

改めて言いますが、

がんは予防と早期発見でしか食い止めることはできません。そして、高ステージのがんが見つかると、あなただけでなく、あなたの周りの大切な人のお金・健康・時間をも奪ってしまいます。

あなただけでなく、あなたの大切な人の資産や健康・時間を守るためにも、まも~るのがんリスク評価Noah(ノア)は素晴らしいと思います。

自分だけでなく、大切な人を守るため、という観点からも検討してみてくださいね!

今回、検査結果をご報告させていただいた「がんリスク評価Noah」。通常価格50,000円(税別)が、今なら0円で検査ができます!!

ただし、、、
がんリスク評価「Noah」が0円で行えるのは、いつ終わるのか分かりません・・・

すでに終了している可能性もあるので、ぜひチェックだけでもしておいてください。

今なら無料で資料請求もできます!

まも~るの申し込みはコチラからどうぞ
↓ ↓ ↓

36.12.82.155

Pocket