Pocket

料金

がんの治療で重要なのは、どれだけ早く発見できるか、ということです。がんは、早期発見できれば恐ろしい病気ではないんです。早期発見できれば、治療期間も短くなるし治療費も安くなります。

なので、がん検診は定期的に受けておくことをオススメします。もちろん、検診で100%見つかるわけではありませんが、検診を受けなければ見つかるものも見つかりません。「私は大丈夫」「まだ若いから検診なんてする必要ないよ」と思っている方も多いと思いますが、早期のがんは自覚症状が全くないことが多く、がんは若い人でもかかることは珍しくありません。

がん検診といっても、いろいろな種類があり、料金や検診方法もさまざまです。

そこで今回は、がん検診、メディカルクラブ、まも~るの料金を比較してみました。

>>sabotenのがんリスク評価の体験談はコチラ

がん検診の料金

まず、がん検診の料金を見ていきます。

がん検診には、大きく分けて「総合検診」と「単独検診」、そして「総合検診+PET/CT検査」の3種類の検診があります。

がんの早期発見に一番オススメなのは、毎年定期的に総合検診+PET/CT検査を受けることです。「単独検診」だと、カラダの一部分だけ調べるだけなので、早期発見できる確率がかなり低くなってしまいます。
胃がんの検診したけど、実は肺がんが進行していました、なんてことも十分ありえますから。

やはり、がん検診は、全身を調べるのが重要です。

では、検診の費用をみてみましょう。

http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/cancer_screening/kenshinkibo_04.html
引用:http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/cancer_screening/kenshinkibo_04.html

こちらの料金表は、国立がん研究センター中央病院のがん検診のものです。

総合検診が、9~13万円。総合健診+PET/CT検査になると、18~22万円とかなりの金額になります。もちろん、この費用は国民健康保険などの公的保険は使用できないので、全額自己負担になります。

年に1回やるとしても、これだけ高額になると金銭的に厳しい人が多いのではないでしょうか。がんは2人に1人がなる時代ですから、家族も全員がん検診をするとなると年間数十万を超えてしまいます。

さらに、総合検診は2日間かかるので、仕事を休む必要もあります。

無料のがん検診もあるの?

あります。

厚生労働省では2009年度以降、大腸がん・乳がん・子宮がんについては、一定年齢の人に検診無料クーポン券を送付し、検診率が上がるような施策を行っています。この検診無料クーポンを使うことで、地域で行われる検診は無料で受けられます。

しかし、無料で受けられる検診は、大腸がん・乳がん・子宮がんの3種類のみで全て「単独検診」です。年齢も男性は40歳以上、女性は子宮がんは20歳以上、乳がんは40歳以上とかなり限定されています。検診の間隔も5年ごとです。

大きなニュースにもなった小林麻央さんは、30代前半で乳がんがみつかり、長い闘病の末、亡くなられました。若くてもがんになってしまうことがあるので、無料のがん検診だけでは、ちょっと心細くなってしまいます。

しかし、総合検診だと高いしなんとかならないものでしょうか。

安いがん検診もあるの?

あります。

自治体によって異なるのですが、厚生労働省が配布している無料クーポンとは別に、無料で行ったり、500~3,000円くらいの料金でがん検診が受けられる場合があります。

しかし、自治体で行っているがん検診は、胃がん・肺がん・大腸がん・乳がん・子宮がんが主で、「単独検診」になってしまいます。

やはり多少高額になっても、「総合健診+PET/CT検査」で、がんの早期発見に備えるしかないのでしょうか。

メディカルクラブの料金

次にメディカルクラブの料金をみてみましょう。

【メディカルクラブとは?】

会員制の複合医療サービス機関のことをいいます。一般の病院では受けられないようなハイグレードの総合精密健康診断や個人の診断データに基づくフィットネスや食事、生活習慣の指導などを行っています。
様々なメディカルクラブがあり、各メディカルクラブごとにサービス内容に特色があります。

【メディカルクラブの料金は?】

高額です。

いくつかメディカルクラブのホームページを見てみましたが、基本的にメディカルクラブは、主に富裕層向けなので料金も高額なんです。

medicalryokin
出典:プリベントメディカル公式サイト

各メディカルクラブによって異なりますが、入会金、年会費、預託金などがあり、入会金と年会費だけで100万円を超えるのが珍しくありません。

いくら、ハイグレードな検診やがんの予防・早期発見などができるといっても、普通の人にはちょっと入会できません。

まも~るの料金

「まも~るもメディカルクラブなので高いのかな?」

と思われがちですが、まも~るはサービスをがん予防に特化した3つのサービスに限定しているので、他のメディカルクラブとは比べ物にならないほど低価格なんです。

ryokin
出典:プリベントメディカル公式サイト

「シルバープラン」も「ゴールドプラン」も受けられるサービス内容は変わりません。がんリスク評価Noahを年に1回受けるか2回受けるか、で料金が変わってきます。そしてまも~るには、「年割」「家族割」「団体割」といった各種割引があります。

子供やパートナーがいる方は想像してみてください。パートナーや自分ががんになったら、子供や家族はどうなってしまいますか?

生活費や子供の養育費、家事や病院の送迎などなど・・・

がんにかかると、がん患者だけでなく家族も含めて周りの環境を大きく変えてしまいます。だからこそ、がん予防は家族全員することをオススメします。

waribiki
出典:プリベントメディカル公式サイト

そういった考えもあってか、まも~るには10%割引の家族割が用意されています。しかも年割と併用すると、なんと15%割引になります!

毎月3,000円くらいなら、携帯電話の料金プランの見直しなどで十分まかなえてしまうくらいの値段です。このくらいの料金でがん予防ができるなら安いものです。

そして多くのメディカルクラブでは、入会金・年会費などの他に、サービスを利用する場合には別途料金がかかることがあります。

まも~るもメディカルクラブなので、各サービスごとの特徴と料金をみていきましょう。

がんリスク評価Noah(ノア)

医学界で注目のアミノ酸ALA(アラ)を活用したリスク評価で、医療機関に行くことなく自宅での尿検査だけなので、カラダに苦痛を与えることがありません。

ALAは、脳腫瘍の術中診断薬としても活用されており欧米ではがんの手術にも用いられています。

がんリスク評価の流れは非常にカンタンで、自宅でALAカプセルを飲んで、翌朝採尿して送付するだけです。

気になる料金ですが、がんリスク評価Noahは1回あたり50,000円(税別)かかります。それでも、自宅にいながら全身のがんリスク評価検診ができるので、一般的な総合検診に比べると安いです。

しかも、今なら通常価格50,000円のがんリスク評価Noahが0円で受けられます!

ぜひこのお得なチャンスを逃さないでください!

⇒まも~る体験レビューはコチラ

36.12.82.155

健康サポートダイヤル

医師・保健師・看護師など、経験豊富な医療の専門家に、24時間365日いつでも健康相談できるというサービスです。

私も一度使ったことがありますが、自分のカラダのことではなく、身内がガンにかかり病院へ精密検査の結果を聞きに行く前に、これからどうやって接したらよいか悩んだので、健康サポートダイヤルに相談させていただきました。

その際は、看護師の方が対応していただき、15分ほど悩み聞いてもらってからアドバイスをいただきました。

医師・保健師・看護師の他に、心理カウンセラーなどメンタルヘルスの分野の方などもいるようです。また、私のように自分のカラダのことでなくても相談できるみたいです。

がんはいつ誰がかかるか分かりませんし、家族や親族にがんが見つかってしまうと、それまでの生活が一変してしまいます。突然のことでどうしていいか分からなくなってしまうこともあるので、そんなときに、健康サポートダイヤルで専門家に相談できるのは非常にありがたいです。

気になる料金は、365日24時間対応しているのに0円です。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンはまだ利用したことがないのですが、セカンドオピニオンは簡単に言うと主治医以外の第三者の専門家に治療方針などの意見を聞くことです。

まも~るでは、
ドクターオブドクターズネットワーク評議員を中心に、医学界の専門分野を代表する医大の教授・名誉教授クラスの先生方が総合相談医となり第3者の意見を聞くことができます。また、必要に応じて優秀専門臨床医の紹介も可能です。

といったように、医学界のトップクラスの方の意見を聞くことが可能です。

料金は、一部位あたり1回無料です。
例えば、胃のセカンドオピニオンを利用した後、呼吸器系のセカンドオピニオンを利用する、という形であればどちらも無料で行えるようです。

まとめ

まとめ
がん検診、メディカルクラブ、まも~るの料金を比較してみましたがいかがでしたか?

がんリスク評価Noah(ノア)が年に1回受けられる「シルバープラン」だとしても月3,480円(税別)です。家族割と年割を併用すると、月2,958円(税別)になります。

月3,000円なら、携帯電話のプランを見直したり、がん保険などを見直すだけで、十分支払える金額です。

ステージ3・4といった悪性のがんがみつかると、生活も大きく変わり周りの人へ大きな負担を与えてしまいます。もちろん治療費も長期間かかりますし、なにより治療が長く苦しいものになります。

そういったことにならないためにも、がんの早期発見は非常に大切なので、ぜひまも~るを利用してがんの予防や早期発見に役立ててください。

>>sabotenのまも~る体験談はコチラ

36.12.82.155

Pocket